1. HOME
  2. ブログ
  3. LIALLブログ
  4. ピンチのときこそ、やらなければいけないこと

LIALLブログ

ブログ

LIALLブログ

ピンチのときこそ、やらなければいけないこと

こんにちは!

LIALL GKアカデミーの楠本晃義です。

 

相手に「いける!」と思わせてはいけない

 

あなたは、サッカーの試合で先に点数を取られた経験が一度はあると思います。

中には、その失点をキッカケに数分のうちに連続失点してしまい、ヤバいと思ったときには手遅れになっていたことはありませんか?

 

実は、始めにやられた一点は大したことでなくても、やられたチームの雰囲気、ゴールキーパーの雰囲気が、相手に「いけるぞ」という勇気を与えてしまうことはよくある話なんです。

 

なぜなら、失点したときは、味方チーム、相手チーム、両ベンチ、観客など、その場にいる全員が失点したゴール方向を見ています。

そのとき、どうしても失点した側のゴールキーパーの表情、立ち姿は見ようと思ってなくても目に入ってくるんです。

 

もし、あなたが相手チームの選手だったらどう思いますか?

 

失点したチームのゴールキーパーが、落ち込んだ表情だったり、あきらめた表情をしていたら…。

「ゴールキーパーが動揺しているぞ。チャンスだ!」と思うかもしれませんね。

 

そうなってしまうと、相手チームは間違いなく、勢いづきますよね。

 

ただ、これはゴールキーパーに限ったことだけではないんです。

キャプテンやエース、ベンチにいる監督、コーチ。そして、観客も含めた全員に言えることなんです。

 

だからこそ、チームがピンチのときは、反対に上を向いて声をかけ続けなければいけないんですよ。

 

そうすれば、相手に勇気を与えるどころか、あなたのことが、先ほどより大きな存在に感じるはずです。

 

ピンチはチャンス!!

 

あなたの心ひとつでチームはさらに強くなるのです。

 

リバウンドメンタリティ

 

これは、逆境に立たされたときに、落ち込みそうな気持ちを跳ね返す気持ちです!

チームに求められるゴールキーパーは、上手いだけではなく、強い気持ちを持ったゴールキーパーなんです!

 

今日はここまでです!今日も楽しい1日を。

 

*********************************
 
 
ゴールキーパーの育成を専門として活動するリオールGKスクール|元気と感動をあなたに

温かく一人ひとりに寄り添う指導を提供し🌱
お子さまとご家族の悩みを解決します✨

▶︎活動内容
GKスクール
パーソナルGKトレーニング
各種サポート活動 etc
👇スクール体験はこちらから
 
 

お申込みはこちら

 
 
*********************************

月別 BLOG