ホーム

教科書に載っていることを教えることだけが、コーチの仕事ではない

子どもの“心”は、その日その日で違います。もっと言えば、その瞬間その瞬間でも変わってきます。昨日は明るく元気だったのに、今日は俯いて元気がないことや、さっきまで笑っていたのに、急に不機嫌になったりもします。私たちコーチが見てあげなければいけないものは、目に見えるものだけではなく、このように目には見えない子どもの“心”までしっかり理解してあげて接してあげることが大切です。

 

子どものために最良なことをしたい。その気持ちは私たちも一緒です

何かを新しく習いごと始めよう、始めさせようと思ったとき、あなたは何を考えますか。何ごとでも経験だから、何でもいいからとりあえずやってみよう!やらせてみよう!と考える人は少ないと思います。
あなたはきっと、何からやらせた方がいいだろうか?いつから始めたらいいんだろうか?似たようなものがたくさんあるけど、どこがいいんだろうか?これをやることで子どものためになるのだろうか?などなど。分からないことや不安なことがたくさんあるんじゃないですか。
私にも子どもがいるので、こういった悩みはよく分かります。でも、悩んでいても時間は過ぎていきます。だからこそ、私は習いごとを始めるとき、始めさせるときは、一つの基準を持って決めています。それは、“教えてくれる人、関わってくれる人”はどういう人なのかということです。なぜなら、私は“何を教えるか”ではなく、“誰が教えるか”が大切だからです。

If you can dream it , you can do it .

もしもあの日、出会わなかったら
もしもあのとき、あきらめていたら
もしもあそこで、声をかけなかったら

叶わなかった、夢がある。

人は必要なタイミングで、必要な人と出会う
いまを生きよう。明日を楽しみに。

 

 

「笑顔」のバトン

幸せは家族の笑顔から始まります。
あなたはその笑顔のバトンを
次の世代に届ける役目を持っています。
あなたや家族、そして仲間との「笑顔」の
エピソードの一部をご紹介します。私たちの笑顔

Live and Let Live

元気と感動を与え、最高の仲間と出会うために

一人ひとりの想いを大切にするために、
私はプライドをかけ仕事をしています

LIALL -DREAM ACADEMY- について

採用情報