1. HOME
  2. ブログ
  3. LIALLブログ
  4. 「わからない!」を「できた!」にするための方法

LIALLブログ

ブログ

LIALLブログ

「わからない!」を「できた!」にするための方法

こんにちは!
LIALL GK アカデミーの中島健人です。

 

さっそくですが、あなたはサッカーをやっていて、

 

「これはどーやってやればいいんだろう。」
「全然うまくいかないし、何がなんだかわからない。」

 

という気持ちになったことはありませんか?

 

 

私も大学まで選手としてプレーしていましたから、そう思うことがたくさんありました。

 

 

うまくいくようにするために、サッカーの本やインターネットで勉強したり、自分のプレーをふり返って工夫してみたり。

 

 

それで成功することもあれば、もちろんうまくいかないこともありますよね。

 

 

ちょうど、うまくいかないことが続いていた私に、当時のコーチがこんな言葉をかけてくださいました。

 

 

「真似ぶ(まねぶ)」ことが1番の「学ぶ(まなぶ)」ことだよ。

 

 

「学ぶ(まなぶ)」と聞いたら、ほとんどの人が真っ先に「勉強」を思い浮かべるでしょう。

 

 

しかし、なにをどうすればいいかも分からないとき、なにを勉強すればいいのでしょうか。

 

 

どのように、「学ぶ(まなぶ)」のでしょうか。

 

 

そこで登場するのが「真似ぶ(まねぶ)」です。

 

 

もともと、「学ぶ(まなぶ)」という言葉のはじまりは「真似ぶ(まねぶ)」が由来なんだそうで。。。

 

 

「真似ぶ(まねぶ)」とは言葉のとおり、マネをすることです。

 

 

人のモノマネをして、学ぶ。

 

 

その人がなにを言って、どんな動きをしているのかを観察し、自分でマネをするんです。

 

 

そのモノマネから、少しづつ自分風にアレンジしたり、もっといいものに進化させたり。

 

 

それがまた「学ぶ(まなぶ)」に繋がるのです。

 

 

人のマネをすることは絶対にダメだなんてことはありません。

 

 

むしろ、自分よりできる人のマネはするべきだと思います。

 

 

初めは人のモノマネでも、それを少しづつ自分のカタチへと作っていけばいいのです。

 

 

自分でがんばることももちろん大切です。

 

 

ですが、わからないという壁にぶつかったとき、ふとまわりを見てみてください。

 

 

今よりももっと「学」が生まれること間違いありません

 

 

1日1日、積み重ねていきましょう!

月別 BLOG